会社概要

創業69年の建具屋。みなさまのお役に立てる会社づくりを目指します。



終戦後、中国満州:大連から昭和22年に埼玉に引揚げ、翌昭和23年5月、現在の品川区二葉4丁目にて創業しました。




祖父と父が建具屋を始め、終戦後、間もない頃でしたから、住宅もまばらで一軒の家に住むことはとても大変な時代でした。初めての土地で商売することは並大抵のことではありません。大工さんから何とか仕事をいただこうと、当時先代の父は、建築現場に再三足を運び、現場の材料の整理や片付けなど、誠心誠意、力を傾けました。そんな努力が実を結び、ぼつぼつ大工さんから仕事をいただくようになりました。父は建具をつくることのできない建具屋でした。しかし、商売には目を見張るものがあり、今で言う「営業センス」があったのでしょう。




建具は、家の安全と安心を守る大切なものです。入口の戸や、間仕切りの戸など生活していくためには欠くことのできないものでした。しかし、時代の流れとともに木からアルミサッシへと住宅環境は著しく変化しました。こうした時代の流れをたえず先取りし、住まいに関するいろいろ、どんな小さな仕事も、大きな仕事も、ハウス・サポートができる会社へと変貌し現在に至っています。




この69年間、皆さまによって私たちは支えられております。「お引き立ていただいたことへの感謝を土台に」をモットーに、地域の皆さまのお役に立てる会社づくりを目指しています。








会社の歩み




1947(昭和22年)2月

中国:関東州大連より引揚げ(京都府舞鶴に上陸)。知人を頼って、埼玉県比企郡川島村へ。

1948(昭和23年)3月

埼玉県より現在地(品川区二葉)へ引越。

同年5月12日

「太田建具店」として創業。


1951(昭和26年)4月

合資会社「太明商店」と改称。

1952(昭和27年)

倉庫60坪(現事務所分)購入。

1955(昭和30年)

倉庫を2階建てに新築し、商品展示場を設置。

1957(昭和32年)6月25日

有限会社「太明商店」と改称。

1958(昭和33年)12月13日

株式会社「太明商店」と改称。


1963(昭和38年)3月

鉄骨3階建てを建設し、3階に倉庫、1〜2階に商品陳列場を設置。

1966(昭和41年)

鉄骨3階建てを建設し、工場・ガレージを設置。


1970(昭和46年)

鉄骨3階建ての1階を展示場として開設。

1971(昭和47年)3月

中延に第2倉庫を設置。

1972(昭和48年)3月

鉄骨3階建の2階部、サッシ・住宅機器・照明器具・ドア・内装等のモデルハウスの展示場として拡張する
※昭和48年展示場を拡張してから、建具店から取扱商品群、仕事の領域も拡大、リフォーム事業へと展開。
「建具店のリフォーム」ハウス・サポートとして新スタート。


1990(平成2年)2月

木造2階建てを鉄筋4階建てに新築し、1階に事務所を設置。

1994(平成6年)3月

2代目代表取締役、太田明就任。


2017(平成29年)

現在に至る。