たいめいる vol.57 2015年7月号






今月の1枚

太明が毎月発行しているフリーペーパー「たいめいる」
表紙を飾るのは、カメラが趣味の社長が撮影した今月の1枚。


赤レンガの旧北海道庁

明治21年に竣工された、赤レンガのアメリカ風ネオバロック様式の旧北海道庁(札幌市)の建物は、重要文化財の指定を受け、展示コーナー、資料館、会議室などに使われるだけでなく、四季折々、様々なイベントが開催され、市民の憩い場所にもなっています。





LinkIcon社長のフォトギャラリー(バックナンバー)はこちら

コウジーコーナー vol.63

お絵描きができる! 壁を黒板に





小さなお子さまがいるご家庭では、壁にお絵描きをしてしまったなんてことも…そこで、思い切りお絵描きができるようにと、家の中に黒板を設置してほしいとのご依頼をいただきました。





スタッフコラム

食と健康 vol.23

玄米ごはんで夏バテしない身体に





夏はとかく冷たいものや、さっぱりしたものを食べがちですが、夏バテしない身体を作るには、新陳代謝に必要なビタミンB1、B2、ナイアシン(B3)の宝庫と言える玄米が一番!ビタミンB1は、糖質の代謝に必要で、不足するとイライラしたり、全身がだるく、物忘れなどもしやすくなります。ビタミンB2は、生命の維持に必要な酵素の一部として働くので、不足すると全身を弱めます。ナイアシン(B3)は、代謝との関係が深く、足りないと皮膚がカサカサします。この他にも、血管を強くするリノール酸とビタミンEが多く、貧血に有効な鉄分も豊富です。また、玄米の利点としては、腸の働きを良くする繊維が多いことも挙げられます。




しかし、夏は食欲がわかないという方も多いのでは? そんな時は、玄米をおにぎりにして食べてみませんか? 少量でも、良く噛めば腹持ちもよく、元気が出て、身体も軽く行動的になります。おかか、しそわかめ、炒り胡麻、梅干し等を混ぜてにぎり、海苔を巻いて食べるのがオススメ!暑い夏でも夏バテせず、玄米パワーで元気に乗り切りましょう!





(太田 妙子)


休日にいかがでしょう vol.12

宮前商店街で街と人をつなぐお店(お米や・ペドラブランカ・MR.COFFEE)






休日にいかがでしょうというコラムなのに、休日に限らず(お米やは土日にお休みが多いので…)1日の始まりにもオススメなお店が東急大井町線の戸越公園駅から、戸越銀座商店街へとつながる宮前商店街にあります。




昨年12月にオープンした「お米や」は南魚沼産の特別栽培米コシヒカリを販売するお米とおにぎりの専門店。たいめいる2014年3月号の編集後記にて紹介した、月替りのポタージュやホットケーキが絶品の戸越銀座のカフェ「ペドラブランカ」を経営する株式会社OWANが手掛けています。「お米や」では、お米はもちろんのこと、8種類のおにぎりや炊き込みご飯を販売していて、自分が購入する際はだいたい2個ずつ。まずは、おにぎりの王道、お米そのもの味わいをじっくり楽しめる「しお」。そして、ごはんのお供に最適な味噌と、爽やかな苦みで味噌の甘みを際立たせる大葉の組み合わせが絶妙な「大葉みそ」がいまのお気に入りです。今度行った時には別のおにぎりをと思うのですが、ついついまた同じおにぎりを頬張ってしまいます。朝8時から営業しているので、通勤前の方などがよく立ち寄っているようですし、すぐ近くにある文庫の森公園のベンチなどで食べるのもまた美味しいですね。




実は、「お米や」の2軒隣りには、同じくOWANが経営するコーヒー専門店「MR.COFFEE」があります。こちらでは、自家焙煎のコーヒー豆を購入したり、お店で販売している3種類のブレンドコーヒーを店頭、もしくはテイクアウトにて味わえます。お米、コーヒー、カフェ、様々な形態で、宮前商店街や戸越銀座の街や人とつながり、根付いていくOWANの3店舗。お買い物途中の寄り道がてらに、一息入れてはいかがでしょうか






LinkIcon株式会社OWAN 公式サイト

LinkIconお米や facebookページ

LinkIconペドラブランカ facebookページ

LinkIconMR.COFFEE facebookページ





(太田 敏明)


編集後記





時代は昭和40年代。現代とは違う物の価値観、豊かではない時代だからこその家族の愛情、素朴な雰囲気、友人や先生とのつながりには温かさがあり、毎週のように癒され、泣きそうになります。さだまさしの自伝的青春ドラマ「ちゃんぽん食べたか」が毎週の楽しみです。

(太田 敏明)