たいめいる vol.33 2013年7月号






今月の表紙

毎月発行のフリーペーパー「たいめいる」。
表紙を飾るのは、カメラが趣味の社長が撮影した写真。





徳川園の池に漂うスイレンの花

名古屋「徳川園」にて。徳川御三家、尾張藩の邸宅跡。昭和20年名古屋大空襲で消失されたが、平成16年に日本庭園としてリニューアル。その池に静かに漂うスイレンの花。


LinkIcon社長のフォトギャラリー(バックナンバー)はこちら

コウジーコーナー vol.39

バリアフリーリフォーム工事





品川区戸越にお住まいのS様より「入院中の奥さんが退院することになりました。将来、車椅子でも生活しやすいように、バリアフリーの工事をお願いします」とご依頼をいただきました。





スタッフコラム

読書のススメ vol.16

受いれる


加島 祥造/著 (小学館)

日々の生活の中で、「何で自分だけ、こんな苦しい思いをしなければならないのだろう…?」と思ったことはないでしょうか? 私は、そういうことだらけでした。表面には出さないように気をつけてはいますが、実際、心の中には「何で? 何で?」が積み重なっていきました。そんな時は、イライラするし、腹も立つし、いい考えなんか浮かんではきません。



この「受いれる」という本を見つけた時、自分にとって、これは必要な本なのではないかと、直感的に感じ、手に取りました。作者の加島祥三さんは、89歳でこの本を書かれていらっしゃいます。人生を積み重ねてこられた言葉のひとつひとつは、とても力強く、それでいて、やさしいものです。頭で理解するという感じでなく、心に染み込んでいく感じで読ませてもらいました。






 受いれる すると 優しい気持ちに 還る
 受いれる すると 固くこわばっていた体に 柔らかさが戻る
 受いれる すると 自分の心が 意外に広いと気づく
 心が広いから 受いれるんじゃあないよ
 受いれると 広がるんだ             (序章より)






間は元々、「はじめの自分」が存在していると、この本に書かれています。しかし、大抵の人は、この「はじめの自分」を忘れ、「次の自分 ー 社会の自分」で、それを覆ってしまいます。そのことに気づかせてくれるのが、自分にとってこの本でした。ちなみに、「はじめの自分」を甦らせる方法としては、両手と両足をひろげて、大の字になるといいらしいです。これから、加島さんを目指し、日々起こる全てを、受いれていきたいと思います。 



(開陽丸 武明)


雑貨ニストのひとり言 vol.18

失恋したときに使う救急箱 Love Hurts




ワクワクドキドキな恋愛中ってとってもハッピー。でもときには、うまくいかないこともある…どうしようもなく心が痛くてつらいこともある…




そんな時はこの救急箱があなたを救ってくれるかもしれません。ニューヨークで活躍するグラフィックデザイナーがデザインした「Love Hurts」という、失恋しちゃった人用の救急箱。中身は、ロウソク、マッチ、ウォッカ、ダークチョコレート、鎮痛剤、バブルバス、ティッシュ、そしてCD。 




まずはマッチでロウソクを灯して、CDを聴きながら、涙が枯れるまで泣きたいだけ泣こう。ティッシュで涙をぬぐったら、鎮痛剤とチョコレートで心を落ち着かせ、バブルバスに入ってリラックス。クイッとウォッカを飲んで眠りにつけば、きっと翌朝目が覚めたときには応急処置が完了しているはず! そして、次の恋に進もう!



(角屋 美鈴)