たいめいる vol.31 2013年5月号






今月の表紙

毎月発行のフリーペーパー「たいめいる」。
表紙を飾るのは、カメラが趣味の社長が撮影した写真。




新江ノ島水族館のクラゲ

新江ノ島水族館「クラゲファンタジーホール」にて。
クラゲは幻想的な癒しを与えてくれます。



LinkIcon社長のフォトギャラリー(バックナンバー)はこちら

コウジーコーナー vol.37

木製玄関ドアの再塗装



品川区小山にお住まいのS様より「木製玄関ドアの塗装がはげてきたので、再塗装をお願いします」とご依頼をいただきました。








スタッフコラム

読書のススメ vol.15

ふせんでカンタン! テンミニッツ仕事整理術


末永 卓/著(東洋経済新報社)





以前、たいめいるでもご紹介した「テンミニッツ」という手帳の手引き書とも言える本です。手帳を発売されているカンミ堂さんの社長で、この本の末永さんは、元々は住友スリーエムの社員さんだったそうです。この手帳のキモである、「ポストイット」と学生時代に出逢い、その素晴らしさに感動し、会社訪問も住友スリーエム以外はまったくしなかったそうです。そして、5年後「自分自身の手で開発したモノだったらどんなにいいだろう…」という衝動から28歳で独立されたそうです。




さて、「タイムマネジメント」というものについて、本当にたくさんの本が出ていますが、なかなかその理論通りにできません。しかし、この本は実際に「テンミニッツ」という手帳に基づいた考え方が記されていることで、本を読んで理解したことを、実際の仕事の中で生かしていくことができます。必要な時間や、仕事の内容によって、「ポストイット」の色や太さを選び、そこに仕事を書き出し、パズルのように1日のスケジュールにはめていきます。そして、変更があったり、自分の読みが甘ければ、簡単に差し替えることが可能です。




時間というものは、本来「人間には平等なもの」のはずなのに、それをとても有効的使っている方もいれば、いつのまにかムダに使っている人もいます。正直、まだまだ自分は時間に追われていることが多いですが、少しでもこの本を読み返しながら、自分自身の日々の仕事の中で、時間をよりうまく使っていけるようになっていきたいと思います。 



                  (開陽丸 武明)

雑貨ニストのひとり言 vol.16

ワインハンドバッグ





自分で言うのもなんですが、私はそれほど物欲が強くありません。そんな私が「欲しい!」と一目ぼれしたのが今回ご紹介するワインハンドバッグ!




バッグに蛇口がついていて、いつでも、どこででも乾杯ができるという優れモノなのです。赤、白、ロゼの3種類。小さく見えて実は1.5リットルのワインが入っているそうです。お花見やピクニック、パーティーシーンなどでこのバッグを持っていたら、みんなの視線釘付け!人気者になれること、間違いありません(笑)こんなに素晴らしいものが世の中に存在していたとは!



                (角屋 美鈴)