たいめいる vol.26 2012年12月号






今月の表紙

毎月発行のフリーペーパー「たいめいる」。
表紙を飾るのは、カメラが趣味の社長が撮影した写真。




復元された東京駅

1914年に赤レンガの東京駅丸の内駅舎が建てられるが、1945年の空襲でドーム屋根と3階部は焼失。その後、2012年10月に保存・復元工事が完了し、元の姿に甦る。



LinkIcon社長のフォトギャラリー(バックナンバー)はこちら

コウジーコーナー vol.32

お庭でくつろぐウッドデッキ





品川区中延にお住まいの半間様ご夫妻から、お庭にウッドデッキ設置のご相談をいただきました。庭いじりの合間に、お茶を飲んだり休憩するスペースが欲しいと思われたのがきっかけだそうです。


スタッフコラム

食と健康 vol.8

こんなにも身体が喜ぶ黒豆





黒豆は昔から咳、喘息の妙薬として知られていますが、その他の効用が記された記事を見つけました。黒豆には蛋白質やカルシウム、ミネラル、ビタミンも多く含まれています。さらに代謝を促すアスパラギン酸、血液を浄化するレシチン他、各種酵素も含まれ、解毒や浄血器官である肝臓や腎臓の働きを強化する力があるそうです。その結果、血液がきれいになり、肌のシミや吹き出物、身体の冷えもとれるとありました。




昨年、私も気管支炎で長く咳がでたときもあり、甘味をつけずに素材の味を楽しもうと思い、塩味で炊いておいしくいただいていたので、記事を読んで嬉しくなりました。ますます黒豆を食事に取り入れていこうと思います。




この頃は薬効を知ったことで、黒豆茶やおせんべい、和菓子などにも黒豆が多く使われていることに気がつきました。大地からの産物に感謝しつつ、身体にいい黒豆をいただきたいと思います。



(太田 妙子)

雑貨ニストのひとり言 vol.12

インテリアライフスタイルリビング(展示会)




10月東京ビッグサイトで開催された、家具や雑貨の展示会「インテリアライフスタイルリビング」へ行ってきました。会場には、遊び心あふれるデザインだったり、どこか懐かしさを感じるものだったり…目移りするほどのアイテムの数々が展示されていました。今回はそこで出会った素敵な椅子をご紹介します。




北海道旭川市にある株式会社カンディハウスさんが出展されていたFAQシリーズのチェアー。「パイプ椅子を木製にしてみたら…」というユニークな発想から生まれたこのチェアーは、パイプ部分が木製で、座るシート部分はネット張り、または藤張りのどちらかをお好みで選べるそう。




実際に座ってみると、その座り心地のやわらかさにびっくり。持つと思ったよりも軽くてまたびっくり。本来、無機質なイメージのパイプ椅子が、発想の転換であたたかみとおもしろみ溢れるチェアーに生まれ変わったんですね。





(角屋 美鈴)

今年も一年お世話になりました


「たいめいる」をご愛読いただきまして、ありがとうございます。コウジーコーナー(工事施工例)はいかがでしょうか。「こんなこともやるの!」というお声もいただいております。お客様にご満足いただけるよう、ご提案・施工をさせていただいております。「あんなこと」「こんなこと」、とりあえず太明までお気軽にお声をおかけ下さい。今年も皆様に支えていただいた一年でした。本当にありがとうございました。

(代表取締役社長 太田 明)