たいめいる vol.25 2012年11月号






今月の表紙

毎月発行のフリーペーパー「たいめいる」。
表紙を飾るのは、カメラが趣味の社長が撮影した写真。



高山市奥飛騨の紅葉

紅葉の美しい季節となり、今頃は赤や黄色が山々を染めていることでしょう。澄んだ空気、鮮やかな色が目に浮かびます。



LinkIcon社長のフォトギャラリー(バックナンバー)はこちら

コウジーコーナー vol.31

「床がぬけそう…」そんな不安を解消!





品川区豊町にお住まいの浅野様ご夫婦より、歩くと畳の部屋の床が抜けそうなので、フローリングに張り替えてくださいとのご相談いただきました。





スタッフコラム

読書のススメ vol.11

イカスヒトJapan

発行/一般社団法人イカスヒト


セミナーで知り合った、小川晶子さんと吉田朱音(あかね)さんが発行された「リトルプレス」の創刊号です。「リトルプレス」とは、個人や団体が自らの手で製作し、発行、販売まで行う冊子のことを言います。…あれ、販売はしておりませんが、この「たいめいる」も、そういうことになるのかな?




インターネットのUSTREAM(インターネット番組)にて、「活かす、生かす、イカス」、その3つの意味での「イカスヒト」を紹介されていて、そこから派生した冊子です。ともかく、出てくる人が面白いので、とても興味深い番組です。




LinkIconイカスヒト TV




今回、この冊子の特集では「五感」をテーマにしており、5人の方々が、それぞれの感性で文章を書いておられます。人はそれぞれ「五感」を持ち合わせていながら、日々の生活の中では当たり前になり過ぎて、本来の感性をいかしきれていないことが多いような気がします。それを刺激してくれる文章がこの本の中には散りばめられています。




これから少しずつ本格的な冬になっていきますが、「イカスヒト」になれるよう、五感を磨いていきたいと思います。自分をいかすことはもちろんのこと、人をいかし、日本を、そして世界をいかしていきたいと夢はでっかく持ちながら…





(開陽丸 武明)

雑貨ニストのひとり言 vol.11

FrancFranc(インテリア雑貨店)





インテリアや雑貨を扱う人気のお店「Francfranc(フランフラン)」は私のお気に入りのお店です。




今、どれにしようかな~と考え中なのが、リビングテーブルの下に敷くラグ。ホワイトとダークブラウン基調の自宅リビング。昨年は、部屋のカラーに合わせて、毛足が少し長めの濃い茶色のラグにしました。




でも今年は、オレンジもしくは赤の暖系色にしてみようかなあ。床面積を占めるラグって、デザインやカラーでお部屋の雰囲気がガラリと変わりますよね。クッション性があって、肌触りが良くて、ウォッシャブルで、手頃な値段でetc…私のリクエストを全てクリアするラグに出会うため、冬本番前にFrancfrancをのぞいてきます。



(角屋 美鈴)


年末に向けての準備、お手伝いさせてください。


早いもので今年も残り2ヶ月となりました。年末に向けての準備をそろそろ始められている頃でしょうか?太明では、襖や障子の張り替えはもちろん、ハウスクリーニングも承っております。


家の心配事は今年のうちに解決して、安心して新しい年を迎えるお手伝いをさせていただけると嬉しいです。