たいめいる vol.24 2012年10月号



今月の表紙

毎月発行のフリーペーパー「たいめいる」。
表紙を飾るのは、カメラが趣味の社長が撮影した写真。

たいめいるvol.24/DSC_0135.JPG

収穫の秋を感じるりんご園

武尊(ほたか)山の麓、標高550m付近。清涼な空気と水、森が広がるりんご園。木々に赤いりんごがたわわに実り、収穫の秋を感じる。

LinkIcon社長のフォトギャラリー(バックナンバー)はこちら


コウジーコーナー vol.30

できそうでできない…クローゼット棚板取り付け


品川区二葉にお住まいのK様より、クローゼット内に棚板を取り付けてくださいというご依頼をいただきました。DIY好きのK様、最初はご自分でできると思われたそうですが、大きな棚板だったので太明にお声がけしてくださいました。

PS:K様の愛犬トロちゃんも登場!

コウジーコーナーvol.30.jpg


スタッフコラム

読書のススメ vol.10

一日一話

鍵山秀三郎/著 亀井民治/編(PHP研究所)


20150512180524.jpg人間の磨き方・掃除の哲学・人生の心得という文字が副題で書いてあります。題名の通り、日時ごとに文章が書いてあります。太明では、役員と私の営業メンバーが毎朝、担当がこの本を声に出して読ませて頂いております。


思い起こせば、鍵山さんに初めてお会いしたのが20年も前のこと。先輩に声をかけて頂いて、何もわからず「京都掃除に学ぶ会」にて、鍵山さんのお話しを初めて直接伺い、トイレ掃除を初めてさせて頂きました。その感動が、細くもここまで続けさせて頂くことができております。


「凡事徹底」と言う言葉を、鍵山さんはよく話されます。すごいことではなく、誰もがそんなこと当たり前ということを、ひたすら続けていくことで、「凡事」が「非凡」となります。しかし、人はどうしても目立つ事ばかりに目がいきがちなものです。それを、日々の鍵山さんの言葉で思い起こさせて頂いております。トイレ掃除も、たまにやると、汚れがなかなか落ちません。しかし、毎日続けることで、ちょっとだけの時間でキレイになります。そういう積み重ねを大切にしたいものです。

(開陽丸 武明)

食と健康 vol.7

今日の行いが明日をつくる


秋の風景.jpg例年になく厳しい暑さを超えて、いよいよスポーツ、読書、食欲の秋となり、なんとなくわくわくする季節ですね。暑さを乗り越えた食物もとても美味しく実ります。身体の為には腹八分に気をつけて数種類のものをよくかんで頂くことが大切と思っています。


また、スポーツの秋だからと特別なことをするのではなく、全身運動に朝のラジオ体操から始めてみるのもおすすめです。たった10分間程ですが、身体のすみずみまで酸素がまわるように、しっかりと指先まで意識して行うと、うっすら汗がにじむ感があります。良い一日のスタートを切れる気持ちにもなれます。


健康を維持するためには、小さな努力を毎日重ねることが大切で、今日の行いが明日をつくり、続けることで自身の健康につながるように思います。まずは第一歩を踏み出して、これからの季節に備えましょう!

(太田 妙子)