写真で見る施工例


2013年11月26日

浴室の木製ガラス戸の補修



[品川区旗の台のY様からのご依頼]
「腐ってしまった木製ガラス戸の補修をお願いしたい…」


浴室でご利用になられている木製ガラス戸。下の部分が腐って外れてしまいました。水まわりなので、アルミドアのご提案もしましたが、愛着のあるドアを使いたいとお客さまのご希望で、今回は部分的な補修をさせていただきました。

木製ドア補修前の状態

IMG_2699.JPG

下部が腐って下桟が外れています…


IMG_2700.JPG

ガラスが落下して割れたりしたら、大変危険です…

ガラス戸を引き下げて作業をします

IMG_2788.JPG

引き下げてきたガラス戸。


CIMG0682.JPG

腐った部分が外れて、ボロボロと剥がれてしまいます。


IMG_2794.JPG

腐った部分のみ、ドアを切断します。


IMG_2787.JPG

既存のガラス戸と同じ素材「米松」を使用しました。


IMG_2789.JPG

切断部分のサイズに合わしてカットして、
仕上げにカンナで木の表面をきれいに整えます。


CIMG0687.JPG

既存のガラス戸に、新しい木を組み合わせます。


CIMG0688.JPG

下桟を組み立てていきます。


CIMG0693.JPG

組み合わせたガラス戸の表面に、オイルステインで塗装をします。


CIMG0696.JPG

ガラス戸と同じく、枠の一部も腐ってしまいました…


CIMG0699.JPG

腐った部分を切断します。


CIMG0704.JPG

切断した部分に、当て木を取り付けます。


CIMG0710.JPG

ガラス戸と同じく、オイルステインで塗装をします。


CIMG0715.JPG

取り付けをしたら、動きの確認をしていきます。


CIMG0717.JPG

動きに問題がなければ、ガラス戸の補修が完了です!



[品川区旗の台のY様からの声]
「愛着があったから、交換じゃなく補修できて良かったよ!」

水まわりの使用では、どうしても木は傷みます。よく換気をしたり、水分を拭き取るなどのお手入れをすることが、長くご利用いただくポイントです!


お電話でのお問い合わせ(番号を押すと電話がかかります)
03-3781-1595
お問い合わせ番号「13−1126」とお伝えください。

お問い合わせフォーム
お名前  *
 (例)太明 太郎
お名前(よみがな)  *
 (例)たいめい たろう
メールアドレス  *
都道府県  *
ご住所  *
ご連絡先お電話番号  *
ドア・窓・網戸
リフォーム
その他
お問い合わせ番号
 
番号はフォームの上に記載されています
お問い合わせ詳細  *
太明をどこでお知りになりましか?  *
ネット検索 ポスティング 紹介 太明フリーペーパー(たいめいる) その他  
ネット検索、ご紹介、その他をご選択の方は、検索キーワード、ご紹介者様氏名などをご

milk_btn_pagetop.png