建具職人 蓮見のワンポイントアドバイス



2013年4月

建具の健康チェック



皆さん、さっそくですが、4月10日が何の日かご存知ですか?



建具業界では知られていますが、皆さんには馴染みが無いと思います。
実は、4月10日は語呂合わせで、「よい戸(410)の日」

全国建具組合連合会が1985年(昭和60年)に制定しました。




ということで、今月は「建具の健康チェック」についてです。




私たちが健康診断に行くのと同じように、建具もメンテナンスが必要です。
この機会に建具の健康チェックをしてみてはいかがでしょう?




以下、当てはまる項目が無いか一度チェックしてみてください。


引戸の動きが悪く、ガタガタと音がする。

ドアがきちんと閉まらなくて隙間がある。

玄関ドアが急にバタンと閉まる。

カギのかかりが悪く、ガチャガチャと音がする。

サッシの動きが悪くて重い。

窓のカギがしっかりかからない。

アミ戸が破れている。

サッシのガラスにひびが入っていて今にも割れそう。



長くお住まいになっていると、家のいろいろな箇所がら少しづつ不具合が出てくるものです。最初は小さな不具合でも、放置しておくと、より大掛かりな工事が必要になる場合もあります。



ぜひこの機会に、一度建具のチェックをしてみてください。
気になることがございましたら、お気軽に太明までお問い合わせください。



LinkIconお問い合わせはこちら