建具職人 蓮見のワンポイントアドバイス



2013年5月

木製玄関ドアの再塗装



最近はアルミ製の玄関ドアが多いですが、建具屋としては木製の玄関ドアをのお宅を見ると、嬉しくなります。



木製玄関ドアは、風雨や日射しを受けて年数が経過すると、ドア表面の塗装がはげてきます。ドア自体を交換もできますが、木製玄関ドアの場合は再塗装をすることが可能です。






1.JPG

再塗装前のドアは、表面が傷んで塗装がはがれています。










2.JPG

アップで見ると、塗装がはがれているのがよくわかります。










3.JPG

既存のドアをいったんはずして、専門工場に持ち込んで再塗装をかけます。







4.JPG

ドアを工場でお預かりしている間は、代替ドアを使っていただきます。







[約3週間後]

再塗装が終わったドアを取り付けて工事完了です。
ご覧のとおり、玄関ドアに新品のような輝きが甦りました!

5.JPG










2.JPG

[Before]









6.JPG

[After]






今回のような再塗装をしたあとも、きちんとお手入れをしてあげることで、木製玄関ドアの寿命はのびます。




再塗装の他にも、カギがかかりずらい、建て付けが悪い(ドアがバタンと強く閉まる、ドアに隙間ができて風が入る等)など、玄関ドアに関するお困りごとがございましたら、お気軽に太明までお問い合わせください。



LinkIconお問い合わせはこちら