建具職人 蓮見のワンポイントアドバイス



2012年9月

障子やフスマのすべり(動き)が悪い原因は?



お客様から、このようなご相談をよくいただきます。


障子のすべり(動き)が悪いんだけど…」
「襖の動きが重いので、直してもらえますか?」





これらの原因のひとつに挙げられるものは「ほこり」です。





敷居部分はほこりがたまりやすく、その為にすべりが悪くなることがあります。
時々、障子やフスマを外して敷居のほこりを取り除いてください。

IMGP0639.JPGIMGP0636.JPG







また「あるモノ」を使うと、より滑りが良くなります。

それは「敷居スベリ」と「コマスベリ」

敷居スベリ.jpgCIMG8706.JPG


まずは、「敷居スベリ」を敷居の溝に貼り付けます。そして、障子やフスマなど建具の下部に「コマスベリ」というプラスティック製の部品を取り付けると、敷居スベリの上をスムーズにすべるようになるんです。






お客様ご自身で簡単にできるお手入れ方法もあります。

スベリ剤やロウを敷居部分に塗り込むと、
すべりが良くなります。

DSCN4053.JPG


こちらは、ホームセンターなどでお買い求めいただけます。


でも! ロウソクは使わないでください!


ロウソクは粘着性が強いため、余計に建具のすべりが悪くなります。
必ず、建具専用のロウをお使いください。


LinkIconお問い合わせはこちら